糖尿病食は宅配が便利!メニュー豊富で飽きない生活

笑顔

病気療養中の食事

お年寄り

酸味を効果的に利用します

腎臓病の食事療法では、通常塩分の摂取を控えることが求められます。このような食事の場合には、時に食事の満足感が低下してしまうことが問題です。こういった問題は、調味に一工夫することで改善します。例えば、酢やかんきつ類の絞り汁を利用することで塩分が少なめでも満足出来る味に仕上げることが可能です。漢方では、食事に五味を取り入れることを良しとします。一つの風味に偏らないように献立を考えることで満足感が得られ、健康面にも良い影響を与えるというのが東洋医学の考え方です。ですので、腎臓病の方は塩辛い味付けに偏らないよう風味を適度に調整することが食事療法を楽に乗り切るコツとなります。中でも塩分を抑えるために役立ってくれるのが、酸味です。

献立のヒントが得られます

最近では食事療法を行なう際に便利な、宅食サービスがあります。このようなサービスの食事は、1食分の献立が予め設定されているのが特徴です。栄養のバランスや色彩に工夫がされているため、充実した食事が出来ます。こういった宅食は、食事の手間が省けるという点が大きなメリットです。また、腎臓病の食事療法に適した献立のヒントを得ることが出来るため、広く人気を得ています。毎日の献立を考えることは、家庭の調理者にとって大きな悩みとなります。特に腎臓病などの食事療法に適した献立は、中々アイデアも湧きにくくなるのが常です。宅食サービスを一時的にでも利用することで、味付けの工夫の仕方や食材の扱い方などが分かるのが大きな魅力となっています。